平成29年度 入学式

新年度がスタートしました。

生徒たちが、元気に登校してきてくれています。

アルバイトに精をだしていた子、遠出した話をしてくれる子、

みんなそれぞれ楽しい春休みを過ごしたようです。

 

掛川校では、4月14日に入学式が執り行われました。

 

 

新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。

期待と不安、両方入り混じった気持ちでいることと思いますが、

これから楽しい学校生活が送れるよう、学校全体でサポートしていきます!

 

入学式の準備は、在校生全員で行いました。

これも掛川校の誇れる伝統です。

みんなで話し合って、今年もバルーンアーチと壁の飾り付けを♪

自分が1年生の頃を思い出しながらでしょうか・・・?

不安だらけの新入生の気持ちを思いながら、教室を明るく飾り付けしてくれています。

自分がしてもらったことを、いつか誰かに返していく。

こういう小さな「うれしい」の循環をつなげていくことができればいいな♪と思います。

 

 

 

 


やまめ釣り&BBQ

こんにちは。教員Yです。

秋の深まりを感じる今日この頃、教室を飛び出し島田まで企画授業に行ってきました。

さて、今回で3回目のヤマメ釣り&BBQ。

この企画授業は一昨年の卒業生が考えてくれてそれから続いている企画で、当校の伝統行事となっています。

自分で釣ったヤマメを自分でさばいていただくという、

まさに「命をいただく」という意味を実感することのできる企画です。

 

施設の方の指南を受けつつ、いよいよ釣り開始!

初めての子も、すぐにコツをつかんで次々にヤマメを釣り上げていきます。

 

「うわぁ、動いてる!」はい、生きてますから。

「きゃー、ぬるぬるしてる!」はい、川魚ですから。

魚から針を外すのも、初体験の生徒たち。

こんな時は意外と女の子のほうがたくましかったりします。ふふふ。

釣り人を自負(?)する校長も、負けじとヤマメと知恵比べ(負けず嫌い〜)。

釣った魚は、自分たちの手でさばいていきます。

「魚がまだ動いてるよ〜」

内臓を抜かれてもなお、トレイの上でぴくぴく動く魚たち。

生き物の命をいただくというのはこういうことなんだなぁと、しみじみ感じました。

 

串にさしたヤマメは、炭火でじっくり焼いていきます。

ここまでくると、もう食材に見えてきますね(^_^;)

香ばしい、いい匂いがただよってきます〜。

ヤマメが焼ける間にバーベキューの準備です。

外でみんなで食べるごはんはおいしいね♪

 

普段何気なく食べている食材も、もともとは生きていたものです。

私たちは、生きているものの命を「いただいて」生きているのです。

生徒たちの中には生き物が苦手で悪戦苦闘していた子もいますが、

「去年は魚を触れなかったけど、今年は触れた」

「今まで魚を触ったこともなかったけど、がんばって最後までさばいた」

「魚を頭以外全部食べたのは初めてだった」

など、自分なりに「いただきます」の意味を考えることのできるよい機会だったと思います。

後日、この日のレポートを提出した生徒の中には、こんなことを書いてくれている子もいました。

「食への感謝は、その食材を食べられる形にしていく過程で生まれるものだと思う。」

頭ではわかっていても、自分の手で行って初めて感謝ということが理解できるのだと。

自分で実際にやってみなければわからない、貴重な経験をすることができましたね!


たこ焼き焼き〜♪

梅雨空の、すっきりしない天気が続いています。
みなさん、体調崩したりしてないですか?
そんな中、掛川校の教室の中では、楽しい催しが行われましたよ。

じゃん、たこ焼きパーティ。
大阪に住んでいたことのある私にとっては、めっちゃ楽しい企画♪
難しそうだと思ったアナタ、たこ焼きって意外と簡単なんですよ。
さぁ、いっぱい焼くで〜!

例によって、3年生が中心になって作業開始!
まずは買い出しに行き、材料となるタコ、ネギ、紅ショウガ、卵、たこ焼き粉等を買ってきます。
ソースやマヨネーズ、青のりも忘れずに。
普段、食材を買いに行ったことのない生徒も多く、これも社会勉強です。エコバッグもちゃんと持参。
2つのグループに分かれて、いよいよ調理開始です。


タコを目の前にして、「気持ち悪い〜」との声も聞こえてきますが(食べ物に対してそんなこと言っちゃイカン!)
悪戦苦闘しながらも、材料を切っていきます。
青ネギを切ると涙が出ると気付いた生徒もいるようですヨ。
これも、やってみないとわからないですね。


いよいよ焼いていきますよ〜。
先に混ぜておいた生地を鉄板に流し込み、具を加えたら周りが少し固まってくるまで待ちます。
しばしガマン・・・あれ、ちっとも焼けない?
と思ったら、ブレーカー落ちてました(汗)。
ホットプレートって、けっこう電気使うんです。
気を取り直して。周りが固まってきたら、少しずつたこ焼きをひっくり返していきます。


こんなん、どうやったら丸くなるの〜?なんて心配しなくても大丈夫。
周りの生地を穴の中に入れながら、ちょっとずつひっくり返していきます。
90°ずつ回していく、とイメージするとよいですよ。
ほら、初めて焼く生徒たちも、だんだんたこ焼きらしくなってきましたよ〜。
いい焼き色!教室中に香ばしい匂いが充満してきました。


はよ食べたい!(よだれ〜)
そんな中、校長はこっそりロシアンたこ焼き作成中。
今回はタバスコ&からし。
色をかくすため、生地にケチャップを混ぜ込む手の込みよう。
めっちゃうれしそうです。

 

はい、引いた人〜。涙でてるかな?うふふ。

 

みんなで食べたたこ焼きは、とってもおいしかったです。

わいわい焼きながら食べると楽しいですね!

 


写真立て作り

新緑がまぶしい季節になってきました。
生徒たちも、毎日元気に通ってきてくれていますよ!

初めまして!
ブログには初登場となります、教員のYです。
掛川校の先生の中で、唯一のメガネ女史(といえば、わかる人もいるかしら?)
ときどきブログにも登場しますので、以後お見知りおきを♪

今日は、企画授業で行った「写真立て作り」の様子をお伝えします。
企画授業は3年生が中心となって行っているもので、今回は、
「今後もみんなに企画授業に参加してたくさん思い出を作ってほしい!その写真を入れて飾ろう!」
との3年生の想いが込められています。
ミーティングを重ねて、材料の発注やチラシ作りなどの準備をすすめてくれました。


いざ、数人ずつのグループに分かれて作業開始!
木製の写真立てに、付属のタイルや各自持参したビーズ等の飾りをつけていきます。

始めてみると、けっこう楽しい!
どんな色合いにしようかな、配置はどうしようなどと、おしゃべりしながらみんな手を動かしています。
同じタイルを使っているのに、色味が違うとまったく違うテイストに仕上がっていきますよ〜。
女の子らしくフリルがたくさんついた可愛らしいもの、シンプルイズベスト!なもの、
個性豊かな作品が出来上がりました。
作るのも楽しかったですが、みんながどういうのを作っているのか見せてもらうのもおもしろかったです。
この写真立てに、みんな笑顔の企画授業の写真が飾れるといいね!


今後もいろいろな企画授業を3年生が計画してくれています。
ミーティングの進め方やチラシ作り、材料や場所の申し込みなど、初めての経験も多いはず。
もちろん、お金の計算もしなくちゃいけません。
戸惑うことも、わからなくて不安になってしまうこともあるかと思います。
でも、できなくて当然なんです。初めてやることを、最初からうまくできる人なんていないと思います。
失敗から学ぶこともたくさんあります。
仲間に助けられて、感謝することもあるでしょう。
3年生のみんなには、失敗を恐れずに今後の企画授業を進めてもらいたいと思います。

次回は、今年初の学校外での企画授業になります。
お楽しみに!

 

1

精華学園高等学校 掛川校

精華学園高等学校 掛川校ホームページはココをクリック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:266 最後に更新した日:2017/05/29

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM