芸術の秋 ・・・キャンドルを作ろう!

こんにちわ

朝晩の冷え込みに秋の深まりを感じています。

 

さて、今回は

スポーツの秋・芸術の秋・食欲の秋と秋は色々な顔を持っていますね

本当は 食欲の秋 を楽しみたいのですが・・・(泣)

今回は芸術の秋を生徒に体験してもらいました!

 

来月には1年の中でもBigイベントであるクリスマスも迫ってきましたので

キャンドル作りに挑戦!

 

おっ!?その前に何やら登校してきた生徒がっ!

なんと!ペアルック!(言い方が古いか…)

まぁなんとたまたま服が被ったしまったと本人達は言っていますが

同じ服をチョイスするなんて気が合っているんですね!

 

そんな話で教室が盛り上がったところで、キャンドル作りを始めます

キャンドルの基となるのは粘土のように手で形を自由に変えられる

板状のワックス素材のキットを使用します(下記写真参照)

その素材を手でコネ、色のついた素材を混ぜ合わせピンクやオレンジ

の色のパーツになる色を作っていき、雪だるま、シロクマ、うさぎの中から

好きなものを作りました

 

こんな感じ!

赤+白はピンク など自分で調合して好みの色を作り出します。

 

 

 

だんだんコネてると、ロウも柔らかくなり形も自由自在になっていきます。

さぁ ここからです!生徒の性格が表れてくるのは!

やはりキャラクターは顔が命!この細かいパーツを丁寧に作るか雑につくるかで

目がびっこ、何かがおかしい?などの変化が出来上がりに差が出てしまいます

 

ギャー!なんじゃこりゃ!

 

 

と思いきやちゃんとウサギになりました

 

 

 

ワイワイギャーギャーと時間はあっという間に経ち 生徒達の作品も完成〜!・・・?

っん?何やらおかしなものが・・・?  そう!余った材料で中トロキャンドルも作っちゃいました〜

色々なアイディアが出てとっても楽しかったキャンドル作りでした!

 

このキャンドルで楽しいクリスマスも過ごせるといいね!


研究授業   食事バランスについて

 

今回の研究授業は「食事バランスチェック」を行いました。

 

食事は毎日必ず摂りますが好きなものばかり食べていては栄養が偏って

ブクブクした身体になってしまったり、頭がクラクラ、フラフラなど

健康的な生活を送れなくなってしまいます。

 

そこで普段の食事を摂る時の注意や栄養の偏りのチェックをしてみました。

 

   

さて生徒(先生も)には昨日食べた 朝食・昼食・夕食 を思い出してもらい

さっそくチェック!

 

すると、みんな良いバランスの生徒が多くて優秀でしたが

やはりいざ表にしてみるとどこかが足りなかったり多かったりが見えてきます

そしてこの少しのずれが毎日続くと 太りすぎや痩せすぎの元になってしまいます

 

主食:ごはん・パン など

副菜:野菜・きのこ・海藻類

主菜:肉・魚・卵・大豆など

牛乳・乳製品:牛乳・ヨーグルト・チーズなど

果物:りんご・バナナ・みかんなど

 

食事は毎日食べる薬です、バランスを考え用法・用量を守り

過剰摂取をやめ正しく処方をお願いします。

 


研究授業

山本先生の研究授業です。

教科書使わない授業ですよ〜キラキラ

今日はどんな授業かなー???

本日の主役!


カタクチイワシの煮干しちゃん!!魚



きょうはこの煮干しを解剖しまぁ〜す!

わぁ〜、煮干しの解剖!初めてだわ!



いいにおい〜と言いながら、みんな頭を取ってエラとさいはを外します。

頭の中には小さな脳が。目の中には水晶体…食べるとコリッと口の中に残る白い粒です。

続いて心臓、背中からパッカーンと開いて肝臓と胃を取り出します。

オスの煮干しには精巣、メスの煮干しには卵巣があります。

「煮干しになっていても、こんなに臓器が残ってるんだ〜」と感心してしまいますね。

取り出した臓器は接着剤で先生が用意してくれた台紙に貼っていきます。



すべての臓器を台紙に貼って完成〜!



続いて、人間の味覚やうまみについての解説。

美味しいおだしの取り方の説明もありました。

和食はこのうまみを上手く引き出して料理の調味に生かしています。

顆粒のおだしも手軽でいいですが、ぜひ煮干しや昆布、鰹節などでとったおだしでお味噌汁を作ってもらいたいですね。




男子もね、この先進学や就職で一人暮らしをしたときに今回の授業を思い出して自分で美味しいお味噌汁を作ってもらいたいですね〜じんちゃん

 

研究授業 第1回

6月5日 第1回目の研究授業を開催しました。

担当は山本先生
山本先生は製剤研究を経て当学習センターの教員となってくれたという
経歴の持ち主!

今回は初開催という事で山本先生の事も知ってもらうという意味も含め
出身でもあり、我が校の本校もある山口県を題材に授業を行ってくれました。

イヤ〜私(センター長)も知らない事がいっぱいあり生徒も教科書が無いと
いう事で変に肩に力が入らず参加してくれていました。

皆さんご存じな方もいらっしゃると思いますが
山口県は歴代内閣総理大臣が8人(現総理も含め)排出(日本一多い)
ガードレールが黄色(橙色) これは目立っていいです!ぜひ色々な県で導入してほしい!
そして、日本一広いカルスト大地秋吉台のお話から鍾乳洞の秋芳洞そこから
鍾乳洞の成分Ca(HCO3)2という科学へ結びつけるところがまたニクイ!

こんな感じで科学式が出てきたので生徒も意外に納得し科学にアレルギー体質な
生徒も「へえ〜」と受入れてくれていました。
こんな様な感じで違う角度から科学へ入ると意外と拒否反応がなくなる
良い事例だったと思います。

そして、最後には山口県出身の「金子みすゞ」さんの詩でみなさんも
一度は耳にしたことがあるとおもう

「遊ぼう」っていうと
「遊ぼう」っていう。

「馬鹿」っていうと
「馬鹿」っていう。

「もう遊ばない」っていうと
「もう遊ばない」っていう。

そうして、あとで
さみしくなって、

「ごめんね」っていうと
「ごめんね」っていう。

こだまでしょうか、
いいえ、誰でも。

の詩を紹介して時間終了!

生徒達は何かとは言えないけど、何か心にじわ〜んと響いている!
という事をすごく感じた良い授業だったとおもいます。


次回は6/26 石川先生が担当します
次回もおたのしみに!

 

研究授業開始しました

平成27年度から 研究授業 を開始いたしました。
この授業は「生きる力」を育むため教科書を使わず教員が色々な角度や人生体験から生徒へ伝えたい事や
覚えて欲しいと思う事やこの授業から教科書の内容を生徒に今までと違う角度から行う事により学習の楽しさ
を分かってもらうために今年度から開始いたしました。
各教員が各自教材を作り生徒に授業として行う教員のスキルアップのための授業でもあります。

この研究授業を通して生徒の興味や学ぶ力を伸ばし「生きる力」に結びつけていきたいと考えています。

今後の授業内容を随時アップしていきますので、ぜひご覧ください。

1

精華学園高等学校 掛川校

精華学園高等学校 掛川校ホームページはココをクリック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:284 最後に更新した日:2017/12/06

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM